小松 佳弘

軽い眼鏡(メガネ)には危険がいっぱい。本当に必要なのはグラスフィッターのいるお店。

2013/12/28

調整の勉強をしている様子です。

眼鏡は目そのものです。ずっと掛けていられる為には努力を惜しみません!

 

54210

 

54211

 

54209

 

 

メガネは視力矯正として何よりも優れている医療器具です。

±0.01単位(通常±0.25単位)で度数を作れる様になった現在、近視、遠視、

乱視、老視、両眼視(斜視、斜位、深視力)すべてを正視まで

引き上げることが出来るのはメガネだけと言っても過言ではありません。

しかし弊害もあります。それは重力です。

こんな悩みを持っていらっしゃる方の声をよく聞きます。

 

「よくズレるので軽いメガネにしたい。」

 

重いからズレる。その通りです。

軽ければ乗ってる感じも少なくズレないイメージがあります。

もちろんアイックスでも扱っておりますが

ぜひ注意していただきたいことがあります。

 

1.軽いには罠がある。

・度数は知っていますか?

・メガネの鼻パッドはあなたの鼻に適した形をしていますか?

・レンズの選択は合ってますか?(レンズの屈折)

・レンズの重さは把握してますか?

・モダン部分は調整可能ですか?

・智の調整可能ですか?

・使用者はどんなシーンで使用し、それに適用した素材で出来ているフレームですか?

少し挙げただけでもこれだけことを考えなければ出来上がりが理想の状態で出来上がってくることは難しいと言えます。

 

2.軽いはバランスなし?

5gのメガネ!実に軽いです!たった1円玉5枚です!

さて、レンズを入れてみるとどうでしょう?

レンズ1組(2枚)は6gから15gあります。

レンズを入れたときのバランスを考えるとレンズの重さがすべて鼻へとかかります。

鼻へとかかる重力はわずが15gでもベッコリと凹み、赤くなり、シミや変形の原因となります。

バランスが悪いと改善したかったことがすべてあなたへと降り掛かってきます。

 

3.軽いは怠慢?

軽いフレームに関してたくさんのテレビCMや広告を見ることが多くなりました。

素材を見ていると非常に軽い素材を使用しているのですが、固く調整不可能であることがほとんど。

技術が伴ってないためフィッティングしてないのも一理。

軽さに頼ってしまい生産メーカーもデザインを怠り、素材のチョイスさえも安かろう選択。

販売側も軽いから、グリップ感のある素材だからという理由で調整せずのお渡し。技術も向上しない。

お客様にとって負のスパイラルへと誘っているのです。

どんなに重い眼鏡でも最上の形へとフィッティングすることができます。

耳の高さも、目の位置も幅もこめかみの形も耳裏の骨格も一人一人違います。

同じデザインの眼鏡をそのまま掛けさせるなんて残酷です。一人一人の特徴をつかみ

お客様の気に入ってご購入いただいた眼鏡をお客様に色に染める技術を持っています。

 

痛い!ズレる!落ちる!きつい!ゆるい!鼻が凹む!こめかみがくぼむ!ずっとかけれない!

 

そんな悩みを解決できる方法がアイックスにはあります!

相談はお気軽に!

0948-22-2257

info@eyex.co.jp

グラスフィッター小松までご連絡ください!ブログ見たでスムーズのお話しできます!

 

EYEX'Column

アイックス事業発展計画発表会

先日臨時店休を頂戴し、 パーソナル・グラス・アイックス全社員が揃い、 当会を実施させていただく事が叶

頭痛持ち必見!慢性頭痛の本当の原因がここにあるかもしれません。

いつ起こるかわからない頭痛のために薬を持ち歩いている方 どんな病院に行っても原因不明と言われた方 ・

“メガネが下がるのは当たり前”なんて諦めていませんか?大切なのは◯◯!

こんにちは!視能訓練士の宮田ちひろです。   “メガネが下がるのは当たり前&#

Servise

世界最高峰の検査機器

Carl Zeiss社の3大機器が揃っているのはアイックスだけ世界最高峰の精度をもつ検査機器で眼の状態をお調べ致します。

両眼視機能検査

大型免許、2種免許を取りたいけど検査に引っかかった。距離感がつかめない等でお悩みの方は両眼視を矯正出来てないことが原因かもしれません。当店では世界で一番正確な基準のドイツ式検査ポラテストにて検査いたします。

女子メガネ

本当はメガネをかけたいけどメガネは似合わない。メガネと服のコーディネートが難しい等でお悩み女子のための特集です。

各種ブランド取り揃え

アイックスでは各種ブランドを取り揃えています。充実のラインナップであなたにピッタリのメガネが見つかります。

ビジョントレーニング

人間が感覚器から得る情報の80%は視覚情報です。そして眼は視力だけでなく使い方も非常に大切です。特に子どもの時にトレーニングすることによって、集中力や運動能力向上に繋がります。当店では小松式アセスメントによるビジョントレーニングを行っております。

アスリートの視覚コンサルティング

アスリートのあらゆるシーンでの眼の使い方から、選手の眼の状態を検査して特徴や癖をお調べします。また小松式アセスメントにより眼の使い方のコンサルティングを致します。

Top