Archive

打てないのはなぜ?目と体のリンクが大事!ビジョントレーニング野球教室企画「第2回ヒットの近道」

「僕、野球頑張ります!」

 

 

鳥肌が立つ言葉でした。

 

 

先日、第1回目のヒットの近道で来ていただいていた中学生の男の子。

 

 

指導者がおらず教えてもらったことがなかったそう。

 

 

今までヒットを打ったこともない。

 

 

この試合が終わったら空手一本で野球はしません!と男の子

 

 

最後の試合くらいはヒットを打たせたい!と母がいう。

 

 

何をやるにしても楽しさを知って辞めるのと、

 

 

面白くない!ってやめるのと全然違う!

 

 

まずは目の動きから!そして肩甲骨へ!

 

 

次第にリンクしだしボールが当たるように!

 

 

じゃ、試合頑張ってね!と背中を叩いた。

 

 

数日後、親子で店まで来てくれました!

 

 

「ヒット打てました!僕、野球頑張ります!」

 

 

無口な男の子も笑顔がもれた。

 

 

コラボ企画です!

 

肩甲骨のスペシャリストがおります!

體整骨院

http://karadaseikotsuin.com/

第2回バッティング講師

 

 

学校へ、クラブチームへ、お声かけ頂ければトレーナーとして出張致します!

初回無料です!お気軽にお声かけ下さい!

 

出張ビジョントレーニング・出張野球指導承ります。

 

近視って放っていていいの?飯塚市は視力検査の結果が出ました!

 

 

 

飯塚市の就学時検診の結果が出ております!

Aだった!Bだった!私はDだったー!なんて教室で話している頃を思い出します。

 

さて、その基準ですが・・・。まずは疑って欲しいのです。

 

あとで対策をご提案致します。

 

成長過程と共に進みやすい近視。個々の調節力でどうにでもなる小学生の時期。

 

視力が出ていても眼に負担をかけてしまい本を読むことを嫌うこどもたち。

眼鏡をかけると眼が悪くなるという迷信を信じ無理をさせ近視を悪化させてしまう環境を強いられている。

 

こんな状況が非常に増えております。

 

そして、しっかりと矯正しないと近視が進む!と医学的にも証明された今日。

いま、こどもたちは迷信と科学との板挟みにあっております。

親御さんの正しい知識が問われる時代となりました。

 

☆対策!!

 

◎A判定、B判定の方

乱視、遠視の可能性があります。左右同じ視力ですか?

 

◎C判定以下の方

眼鏡が必要な視力となります。初めての眼鏡の方が多いはずです。作るときの注意点をお伝えします。

1.授業の時だけなど、限定した使用をしないこと。見える、見えないの繰り返しはよくありません。常用をおすすめします。

2.最初なので弱く作るや、1.0に視力を合わせるなどの半端な作り方はしない。

弱めに作ると近視が進んでしまいます。より拍車をかけてしまうので注意してください。

1.0に視力を合わせ、成長期の大事な時期にその状態にしていると生涯1.0の視力になる可能性が高くなります。

3.眼疾患や、医療矯正でない限りはきちんとした眼鏡屋での検査をお勧めします。

眼鏡と言っても眼だけではありません。レンズ(光学)の兼ね合いもあるので両方に詳しいのは眼鏡屋さんと言えます。

大抵、検査無料のお店が多いのでぜひ検査を受けてみて見やすいお店を選ぶ!セカンドオピニオンをお勧めします。

 

アイックスは日本では珍しいドイツ式検査 「ポラテスト」を導入しております。

 

日本で普及している米国式に対して非常に妥協のない検査内容に様々な球体の眼にフィットすること間違い無しです。

 

店内の様子です。こども眼鏡のバリエーションもたくさんあります。

 

写っているコーナーは小学校高学年までの商品です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

店内の全体写真です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

清潔感とさわやかさをコンセプトに来ていただいたお客様に気持ちよく過ごしていただけるようおもてなししております。

 

検査・技術・デザインともに最先端の情報を取り入れております。

 

相談・検査は有料(4,000円税別)で行っております。

お気軽にお問い合わせください。

 

就学を控えたお子さんをお持ちの方必見! 就学時検診で乱視、近視と診断されたら知っておきたい3つのこと

1.メガネ屋さんや眼科でキチンとした検査を

 

学校で行われている視力検査はその日にたくさんの人を

検査しないといけないので流れ作業になってしまいます。

本当に正しいのか?疑いを持ち、きちんと設備の整った環境での検査をお勧めします!

 

ポラテスト

 

 

2.近視の進行に対しての正しい知識を知る

 

検診の内容で心配になられている親御さんもいると思われます。

しかし本当に大切なのはこれから、

正しい知識をもって近視と付き合っていかなければなりません。

やはり近視の進行はこれからのお子さんのことを考えると心配ですよね。

 

そこで 適性度数のメガネ着用を推奨します。

 

初めてだから弱くしますね!なんて言われてませんか?

実は、弱めにすると近視が進むことが医学的に証明されました。

もちろんかけないのは絶対だめ

「裸眼で遠くを見ると目が良くなる。」や「暗いところで本を読む」

などの情報ばかりです。

正しい情報を認識しより良い視生活を守っていきましょう!

 

1159617_22519061

 

 

3.メガネやコンタクトとの付き合い方を知る

 

メガネを矯正機具だと考えている人はほぼ100%です。

メガネを矯正器具として捉えられているのが一般的ですが、

この矯正については多少の誤解があります。

メガネをかけて、その人の最高視力を実現すること、

すなわち 目の中の度数をメガネで相殺する「打ち消し」を

することだと考えてほしいです。

 

例えば、視力が2.0ある人がメガネなしで生活できるのに

メガネの必要な人がなぜ1.0や0.8の視力に合わせないといけないのか?

それこそ矯正です。2.0の視力の人が0.8の視力まで落とすでしょうか?

まずは考えられません。

 

あと、成長と共に定期検診を行い、常に眼に気を配ることが大切です。

 

体の中で8割もの情報を得る眼。

 

正しい確かな情報は見える環境から入ってくるのです。

 

アイックスでは、

就学時検診で近視、乱視を診断されたお子様の再検診を行っております。

お子様の視力のためにも、

ぜひ一度足を運んでいただきたいと思います。

メール info@eyex.co.jp

小松まで

深視力あきらめていませんか? アイックスだからできる最強の視力検査

2種免許やスポーツ等で、深視力の問題があって悩まれている方のご相談をよく受けます。

アイックスではそんなお客様のお悩みを真摯に考え、

解決するための方法を模索してまいりました。

 

そこで一つの結論として、

「まずお客様の状態をより精密に検査すること」

が大切ということを結論づけました。

 

今日は深視力にお悩みの方へ、アイックスの検査機のご紹介です。

 

 

店内

飯塚で73年創業のアイックスはドイツ式検査「ポラテスト」を導入しております。

両目のチームワークを整えることが出来るポラテストは最強の検査機と言えます。

検査も含めてゆっくりと時間を取ってご来店ください。3年以上は使用していただきたい最適な度数を10分程度で終わらせることは大変失礼にあたる。

そう考えております。

 

この検査機を用いて測定したデータから作成されたメガネを直用することにより

長距離運転手(大型)に必要な深視力はもちろん、野球にゴルフと距離感やタイミングが必要な球技の技術向上に役立ちます!

 

 

ポラテスト

これがポラテストです。デジタル化しており以前のモデルに比べると2倍以上の視力表が増えており、より精密な検査が可能となりました!

日本での導入事例は2件。

そのうちの1台がなんとアイックスにあります。

 

そして、iターミナル

ターミナル

 

0.1ミリ単位で目の位置を測定する機器です。

遠近両用などより視野を取る為にはここまでの計測が必要です。

人の手での計測であれば、1ミリか0.5ミリが限度です。

人の顔は多種多様1ミリ単位じゃ良い眼鏡は作れません。

 

作ってよかった。その言葉の為に日々精進致しております!

 

今まで深視力や立体視で悩まれていた方に、これらの最強の検査機を用いることにより

アイックスが万全の体制でお客様のお悩みを解決します。

 

あきらめないで!深視力!あきらめないで!立体視!

お気軽にお問い合わせください!

小松

 

近視 進む 抑制 防ぐ

kinsi-meka

 

室内で使うから0.8に合わせときますね!

初めての眼鏡なので1.0にしておきますね!

強い近視が進むので弱めにお願いします。

などなど眼鏡を弱く作る風潮が多く見受けられます。

私も大手量販店から安売り店、デパートにコンセプトショップと在籍経験ございますがどの業態も弱めに作るのです。

弱めに作る=クレームが出ない・検査を端折れる(技術不足をごまかせる)個人的にはそう考えておりました・・・

しかし!世界の眼科医の学会で発表されました!!!!

眼から鱗とはこういうこと。

それは・・・・

「弱めの眼鏡をかけている人は、完全矯正の眼鏡をかけている人に比べると近視が進む。」

でした!

弱めに作ると近視が進むという発表がありました!

眼鏡をかけると眼が悪くなるといった迷信はよく聞きますが・・・

掛けないと近視が進むということが科学的に証明された発表でした!

そして、近視のお子様にも朗報が!

世界で唯一近視を抑制できる!と言い切ることができるレンズがカールツァイスから発売されました!

その名も「MCレンズ」

img01

 

図のように遠くはしっかりとした視力を確保し、近くを見る所をすこし弱くすることにより水晶体の収縮させる負担を軽減させることができ結果近視を抑制することができるそうです。

視力を上げる機器は世の中にいろいろありますが、この眼鏡レンズが唯一、「近視を抑制出来る」と言い切れるものであるのは間違いありません。

☆近視で悩まれている幼児〜高校生までのお子様。

☆両親が近視が強く、現状は視力が良いお子様(早めの対策が結果を生むようです)

心当たりのある方はお気軽にご相談を!メールでもお電話でも結構です!

お問い合わせフォーム↓から
https://eyex.co.jp/form/

 

Top