選ばれる理由

5つのPoint

1.歴史

1940年創業の歴史でいろんな時代の変化や流行に対応してきました。

【沿革】

    • 1940年6月
    • 小松義盛が小松時計・眼鏡店を飯塚市伊岐須に開業
    • 1988年8月
    • 小松知史が小松義盛より代表を引き継ぎ、パーソナル・グラス・アイックスへ社名変更
    • 1990年7月
    • 株式会社パーソナル・グラス・アイックスとなる
    • 1955年3月
    • コンタクトレンズ事業部を開設
      メガネとコンタクトレンズ専門店を飯塚市枝国に移転
    • 1997年7月
    • コンタクトレンズ専門店富山店 開店
    • 2005年10月
    • コンタクトレンズ販売店田川店 開店
    • 2007年10月
    • コンタクトレンズ専門店富山店 閉店
    • 2017年2月
    • メガネ専門店アイックス銀座店 開店
    • 2019年11月
    • メガネとコンタクトレンズ専門店 閉店
      コンタクトレンズ販売店 田川店 閉店
    • 2019年12月
    • メガネ専門店 日本初 ZEISS VISION CENTER BY Personal Glasses EYEX’を福岡天神に開店
      現在に至る

2.確かな検査技術

アメリカ式両眼視検査の限界を感じ、1978年ドイツ式両眼視検査を導入しました。考案者であるハーゼ教授に直伝いただきました。
ドイツ式両眼視検査について

3.正確なフィッティング

丁寧にかけ具合を調整します。毎日つけてもらうものだから。年々変わる最新の素材にもしっかり対応しております。
フィッティングがキチンと出来ていないと煩わしさは勿論、光学(レンズ)性能を30%もダウンさせてしまいます。

4.選りすぐりのフレーム

日本は約2~3年、トレンドが遅れています。アイックスでは、常に最新トレンドを把握するため毎年ヨーロッパまでカラーアナリスト同行のもとフレームの仕入れを行っています。

5.見えるということに対して妥協しない姿勢

日本ではアメリカ式、略式の簡易検査をする施設がほとんどです。アイックスは多角的に眼を見ることで個々にあった方法を見出します。

ドイツ式両眼視検査について

ドイツ式両眼視検査 ポラテスト

アイックスではドイツ式両眼視検査と言われるポラテストによる検眼を行っております。

ポラテストはベルリン国立眼鏡写真専門学校のハーゼ教授により考案されました。ポラテストはその名の通り、偏光板を利用し、左右の眼に映る映像を分離させて検査を行います。

日常自然視に近い状態での検査をするため、検査環境(照明、視標の種類、検査距離など)を厳密に規定しております。ドイツではマイスターという検眼医の資格者のみが取り扱う事ができ、チャートの意味合いなど大変奥深いため日本ではほとんど使用できる者はいないのです。

アイックスがこのポラテストを導入したのは創業して38年後の1978年。その導入の1年前に弊社の代表である小松知史がハーゼ理論の勉強会に参加したところから始まります。参加者の中から被験者として偶然指名された小松代表は検査を終えてその場から立てなくなるぐらい衝撃を受けました。斜位が多くあった小松代表はアメリカ式では見出せなかったプリズムをドイツ式であっという間に割り出したのです。視力2.0あるがゆえにプリズムを外すと一時複視が治らず立てなかった小松代表は周りの受講者に信じてもらえなかったことを今でも覚えています。

この勉強会をきっかけにカールツァイスとのお付き合いが始まりました。それから数度のハーゼ先生直々の勉強会を経てポラテストを導入。世の中に同じような境遇で悩んでいる人はたくさんいる!そう想いながら今日に至ります。

来店は予約制です

ポラテストによるビジョンアセスメントはお時間をいただくため、来店は予約制となっております。
お電話もしくはお問合わせフォームからご予約をお願い致します。

ビジョンアセスメント
初回ビジョンアセスメント料 4,000円(税別)
※メガネご購入後の定期チェックは無料です。
アイックス(東京銀座)
【完全予約制】
TEL:03-3569-2257
ZEISS ビジョンセンター BY アイックス (福岡天神)
【予約優先制】
TEL:0120-702-257

検査機器について

Carl Zeiss社製 最新の測定機器

Carl Zaiss

VISUSCREEN、i.Profiler plus、VISUFIT 1000 完備

ZEISS VISUSCREEN 視力検査表

Carl Zaiss

両眼視検査の代名詞。厳密な検査でアバウトさは全く許されない。
検査技師の判断と被験者の映像を汲み取るカウンセリング能力も問われる代物です。
扱えるまでに経験を積まないといけないため日本では普及していない。

i.Profiler plus (アイプロファイラー) 目の状態をチェックする機械

Carl Zaiss

目の表面、網膜像がどのように映るのか、光の具合までチェック可能。
自覚検査では発見できない高次収差、不正乱視の角度や度数を計算し割り出してくれる。

ZEISS VISUFIT 1000 顔を180度測定できる機械

Carl Zaiss

フレーム装用状態での目の位置を0.1ミリ単位で設定することの出来る機器。
それとは別にフレームの傾斜角、そり角、目とレンズの距離なども計測して光学とフレームの理想を叶えることが出来る。

EYEX'Column

正社員募集

完全予約制の眼鏡店です。 予約制なので、空いた時間に効率よく他の作業をスケジューリングできます。

🍉お盆休みのお知らせ🌊

毎日暑い!!夏到来ですね!!皆様はいかがお過ごしでしょうか。 お盆休みのお知らせです。 飯塚店 8月

視機能のおはなし入門編「しいど」Tokyo vol.2 開催

2019年3月30日(土)9時〜12時開催のご案内   ビジョントレーニングってなーに?

Service

世界的なメーカーCarl Zeiss社の検査機器

アイックスはCarl Zeiss社の3大機器が揃っています。老舗であり世界的なメーカーの検査機器で眼の状態をお調べ致します。

両眼視機能検査

大型免許、2種免許を取りたいけど検査に引っかかった。距離感がつかめない等でお悩みの方は両眼視を矯正出来てないことが原因かもしれません。当店ではドイツ式検査ポラテストにて検査いたします。

各種ブランド取り揃え

アイックスでは各種ブランドを取り揃えています。充実のラインナップであなたにピッタリのメガネが見つかります。

ビジョントレーニング

人間が感覚器から得る情報の80%は視覚情報です。そして眼は視力だけでなく使い方も非常に大切です。特に子どもの時にトレーニングすることによって、集中力や運動能力向上に繋がります。当店では小松式アセスメントによるビジョントレーニングを行っております。

アスリートの視覚コンサルティング

アスリートのあらゆるシーンでの眼の使い方から、選手の眼の状態を検査して特徴や癖をお調べします。また小松式アセスメントにより眼の使い方のコンサルティングを致します。

Top